茨木は 東奈良遺跡から鈴型銅鐸の鋳型が発見された事から 
弥生時代銅鐸遺跡の重要な考古学拠点です。 

また水尾や玉水町や豊川および島という地名から伺いしれるのは
安威川や佐保川や勝尾寺川等の上流の里山の自然林によって
 豊かな地下水系が造られて、その水に立脚して
サッポロビール大阪工場が操業しているのも確かです。

中世になれば 隠れキリシタンの里家が上音羽に点在し
江戸時代には 椿本陣が 西国街道に確かな足跡を残しています。 

そんな茨木の歴史のそれぞれの断面を 
さまざまな角度から紹介するページです。

H20.11.03 こんなとこがあったの? 茨木に
H20.03.02 3月15日〜23日郡山宿本陣特別公開
H19.11.02 茨木市文化財に「椿の本陣」古文書に指定さる
H19.06.03 茨木の観光名所 その1 椿の本陣
H18.11.19 絵図に見る西国街道という講演会

茨木まほろば会 歴史